麻布八雙会資料請求よくあるご質問
八雙会中学・高校生コースホームページへ
各種イベント案内


麻布八雙会・説明会のご案内


麻布八雙会・講習のご案内
 ● 春期講習
 ● 夏期講習
 ● 冬期講習
 ● 直前講習
 ● 東大後期入試対策

通常授業のご案内
新高3クラス
高2クラス高1クラス



入会手続きについて



よくあるご質問


交通案内

  LINKS
>>麻布八雙会・小中学部HP
>>医学部受験専門予備校AMG


facebook

Twitter


Copylight(c) AZABUHASSOUKAI All Rights Reserved.<当サイトの画像及び文章の無断転用を禁止します>
麻布八雙会ホームページへ

Flash Player Flash Player

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



●麻布八雙会・夏期講習のご案内

詳しい日程や費用などの資料を差し上げます。ご希望の方はオンライン資料請求にてお申し込みいただくか、教務までお電話(平日12時~20時:03-3443-0108)にてお問い合わせ下さい。

麻布八雙会夏期講習


高3生対象講座概要

●高3英語●
◆英文大意要約完全講義 高3英語クラス受講者必修
東大をはじめとする国公立大二次および後期試験対策には,論説文を正確に読み,その論理展開を正しく追うことが必要になります。ただし,まず英文を一読して後から日本語をまとめるという通常の作業では,時間がかかるうえ,結局国語力を試すだけの問題になってしまい,本来英語の分野である要約問題の存在意義を薄める結果となってしまいます。他方,安易なディスコースマーカー至上主義も禁物です。英語の評論文を英語として論理的に分析して,国語力の助けを借りるのは最小限にしながら正確に論旨を汲み取る力とは何か?を客観的に解き明かしていきましょう。

◆理論的長文読解講義 高3英語クラス受講者必修
英語で高得点を稼ぐには,語句・文・段落をそれぞれ客体として具象化して頭の中で分析する力が必要となります。たとえば前置詞“of”でさえ明確な意義を与える場合があり,これを無視して前後の単語から意味を類推していては,筆者の真意を汲み取る読解力を養うことなど到底できないでしょう。本講座では,大学受験生としてはとくに難解と言われる文章に接し,その理論的解釈論を丁寧に解説していきます。2学期に向けて正しい解釈力を身につけることで,受験期後半の英語力に弾みをつけていきましょう。

●高3数学●
◆絶対不等式と多変数関数 高3数学クラス受講者必修
多変数関数の処理に関する問題は,難関大学では頻出の単元です。前半では頻出の不等式の関係性や利用方法を講義・演習します。後半では,練習問題を通して様々な多変数関数の処理を整理します。

◆漸化式と極限 高3数学クラス受講者必修
漸化式の一般項を求めることはできるものの,「その操作がなぜ行われるのか?」ということを考えている人は少ないのではないでしょうか。難関大の入試においては「その操作の理由や意味」を問われることが少なくありません。実際の入試問題を通して漸化式の意味と処理の方法を攻略します。

●高3化学●
◆化学計算問題解法研究III~思考型問題の徹底攻略~
 高3特設化学クラス受講者必修
解法研究講座の完結篇です。「解法研究I」・「同II」では素材面から典型問題を分類し,その解法を研究してきました。この「III」では,東大や京大の入試問題で9割の得点を確実に狙うことを目指し,さらに思考パターンの面から問題を分類し直し,化学の問題を解くにあたっての大切な思考法・発想法を整理していきます。扱う問題は高度で分野も様々ですが,素材が違っても考え方は共通という問題は意外と多く,このような訓練を積むことによって初めて,初見の問題にも対応できるようになるのです。理論・無機・有機といった表面的な分類を超えて,「問題を解くとは一体どういう作業のことを指すのか」を研究します。なお,構造決定問題など有機分野の思考型問題については「有機化学上級演習」で対応します。

◆有機化学上級演習 高3特設化学クラス受講者必修
有機化学の出題は,東大で1/3,京大では実に1/2を占めます。難問といえるものは存在しますが,しかし理論分野と違って,誰も手がつけられないというほどのものはなく,これは要するに準備をしているかどうかで大きく差が出るということです。この講座では,有機分野のあらゆる出題に対応すべく,30題程度の入試問題と毎回の確認テストを使った演習を行います。知識確認問題・思考型問題・新傾向問題を取り揃え,もちろん典型的な出題は全て網羅した内容になっています。記憶する必要のあることと,理由を考えれば自動的に導き出せることをはっきり区別し,一段上級の力を身につけます。なお,有機化学で未修箇所が残っている方の受講はご遠慮ください。その場合は「有機構造論集中講義」「有機反応論集中講義」を先に受講してください。

◆化学計算問題解法研究II 高3常設化学クラス受講者のためのオプション講座
化学の計算問題を約10のカテゴリーに分類し,それぞれについて,エッセンスの詰まった超重要例題を演習していきます。何しろ超重要例題ですから,解法だけでなく,問題そのものまで記憶してしまってください。単純に丸暗記してしまっても十分価値があるのですが,授業ではさらに,解法の原理にまでさかのぼります。(通常では考えないような点まで)根掘り葉掘り研究し尽くし,これによって初見の問題に対応する力をも養います。今回の「II」では,蒸気圧降下,溶解度,結晶格子,熱化学方程式,速度論の5項目を扱います。春期の同名講座とほぼ同内容です。

◆有機構造論集中講義 高3常設化学クラス受講者必修
◆有機反応論集中講義 高3常設化学クラス受講者必修
二講座10日間で有機化学における重要概念の全てを(全く未修の状態でもついてこられるように)網羅的に講義します。前半の5日間では,有機化合物の構造に焦点をあて,有機化学の全範囲を一通り学びます。とくに苦手としている受験生の多い「立体異性体」には十分な時間を割き,野依良治博士のノーベル賞受賞( 2001年)の業績とその意義を理解することを1つの目標とします。構造論に反応論と同じ時間数を割いている点が,この講座の最大の特徴です。後半の5日間では,有機化合物の反応に焦点をあて,有機化学を再度最初から学び直します。ここでのポイントは,雑多に見える有機反応も実は数少ない規則性に従って起こっているのであり,それさえ理解してしまえば,未知の反応を予測することさえもできるようになるのだ,という点にあります。世間では未だに「有機化学は所詮暗記科目」という風潮が強いですが,単なる暗記は無力であり,忘れてしまえば何も残りません。有機化学は大変思考力を必要とする分野です。この講座で,有機化学ではどのように頭を使えばよいのかを学んでください。有機化学はまとまりの良い分野です。ハードな二週間ですが,それは同時に,やる気さえあれば化学の3分の1は二週間で終わらせてしまうことができるということでもあります。必ず二講座セットで受講してください。

●高3物理●
◆高3物理I 高3物理クラス受講者必修
力学,電磁気学,熱力学の中から,物理的な直感力を養うのに適した問題を選んで学習します。常に物理法則を使って考え,考察し,具体的な現象を扱っていきます。振動や指数関数,保存力と位置エネルギーの関係とついあいの種類など,分野を超えて現れる基本テーマを掘り下げていきます。この講座での物理的経験は,これ以降の物理の伸びしろを確保する上でも重要な経験になります。

◆高3物理II 高3物理クラス受講者必修
波動を得意分野にして,得点源にすることを目的にします。波の式を用いて波を捉える(位相から振動を捉える)ことで,波動現象を基礎から理解し,入試レベルの問題がすらすら解けるようにします。短期集中に適した波動分野を,仕上げるつもりで臨んで下さい。

●高3生物●
◆東大・京大への生物 高3生物クラス受講者必修
◆東大・京大への生物~生物II確認~ 高3生物クラス受講者必修
前期の精講と問題演習によって順調に向上してきた学力を,一気に合格圏内に突入させる講座です。東京大学,京都大学の入試問題に対する得点力の習得を主眼として,現代生物学の真髄に迫る良問を厳選して徹底的に演習します。この講座の修了時には,自ずと「生物学的な思考」が涵養され,結果的にあらゆる入試問題に対する得点力が得られるでしょう。「東大・京大への生物」はそれぞれ完結した2つの講座から構成されますが,できるだけ併せて受講して下さい。

Page Top

高2生対象講座概要

●高2英語●
◆理論的英文解釈入門
 高2英語クラス受講者必修
東大英語は易しいと言われます。けれどもそれは表面的な易しさ(扱う内容が身近である等)であって,裏にある出題意図を見抜くには相応の実力が必要です。単なる口語英語ではなく,理論的な解釈力ないし文章読解力が身につかなければ到底高得点は期待できないでしょう。殊に,ここ数年の東大入試の動向として,数学が多少苦手でも英語が出来れば合格できるという状況があります。ただ「読む」のではなく,「理論的に解釈する」とはどういうことなのか,この時期に見直してみる必要があります。受験英語の基礎から受験を超えた高度な英文まで,一貫して理論的に解釈する方法論を5日間という短い期間ですが行っていきたいと思います。

◆語彙語法文法総演習 高2英語クラス受講者必修
高2の後期(9月~)に入ると入試レヴェルの英文を完璧に読破するために必要な本格的な理論的読解力を養成する段階へと入ります。けれどもそれには入試レヴェルの必須知識が伴わなければなりません。そのためこの時期に,東大受験生として必要不可欠な語彙・語法・文法の知識を網羅的に養っていきましょう。とくに東大入試は熟語の出題が多く,熟語力アップはそれだけ東大合格に近づくことになると言えます。本講座を受講して最低限の知識が身についているのかを確認した上で,2学期を受講していただくことを薦めます。

●高2数学●
◆平面図形の総括
高2数学クラス受講者必修
これまでに,「三角比」「図形と式」「ベクトル」といった平面図形に対する手法は学んでいるものの,一つの問題に対して様々な角度から捉えることは考えていなかったのではないでしょうか。本講座では,基本の確認とその活用方法の整理が目的です。東大・京大ではもちろんのこと,難関大学で頻出分野の一つである「平面図形」に対する手法の整理をこの機会にやっておきましょう。

◆整関数の微積分完成 高2数学クラス受講者必修
2次関数や3次関数の増減を調べたり,面積を求めたりといった問題は,機械的な処理さえマスターすれば,誰にでも解くことはできます。しかし,その考え方がこれから学ぶ「数学III」に生かせないのが現状です。そこで,整関数を通して,数学IIIの基礎となる考え方を講義・演習していきます。

●高2化学●
◆理論化学集中演習
◆有機化学入門講義
 
高2特設化学クラス受講者必修
高1化学クラスからの継続受講者専用の講座です。

◆酸塩基反応集中講義 高2常設化学クラス受講者必修
化学で登場する四大反応のうち,酸塩基反応について,基礎理論から始め,応用理論・pHの算出法・具体的な実験操作までを学びます。酸塩基の考え方は,理論分野だけでなく,無機化学・有機化学でも活躍する大変有効で普遍的なものです。9月からの無機化学の授業に備えて,この大切な概念をこの機会にしっかりと身につけておいてください。とくにpH計算については講座内で十分な練習を行い,入試レヴェルにまで仕上げます。

◆酸化還元反応集中講義 高2常設化学クラス受講者必修
酸化還元反応は,酸塩基反応と並ぶ最も基本的な化学反応の一つです。と同時に,身の回りや化学工業の世界でも,様々な形で応用されています。そして何よりも私たちが呼吸できるのも酸化還元反応のお蔭なのです。授業はかなり深いところにまで踏み込み,酸化還元にまつわる事象については,知識に頼らずとも,自分でその場で考えて解決できるようになることを目指します。この講座では「電池」「電気分解の基本」までを扱います。

●高2物理●
◆高2物理 高2物理クラス受講者必修

力学の法則の使い方を学びます。運動量保存則,運動方程式,運動エネルギーと仕事,位置エネルギーなどが具体的なテーマになります。具体的な問題を用いて,物理法則を使って考え考察することがどのようなことなのかを講義し,演習してもらいます。本当の物理を学んでいくための入門講座ですが,レベルは決して低くありません。

●高2生物●
◆【高2版】東大・京大への生物~現代生物学入門~
 高2生物クラス受講者必修
高校2年生から始める東大・京大現役合格のためのプログラムの概要を10日間で紹介します。大学入試を一応の目標としながらも,受験生物にとどまらず現代生物学の完全理解を目指す志の高い諸君のための講座です。特に医学部(理科III類)など,大学進学後も高い生物学的素養が要求される学部・学科の志望者の受講を希望します。また,生物学を曖昧な学問ととらえ,受験生物を暗記科目と誤解している皆さんも歓迎します。いかに受験生物が本質的な理解によって「楽しい」受験科目になるかを伝えたいと考えています。2講座で完結する講座なので,できるだけ併せて受講して下さい。

Page Top

高1生対象講座概要

●高1英語●
◆高1英語I
 高1英語クラス受講者必修
◆高1英語II 高1英語クラス受講者必修
英語を論理的にマスターするには早ければ早いほどよく,早期から良文・名文に触れながら,正確な解釈力を身につける必要があります。英文を読んでおおよその意味がわかれば合格などという中途半端な学習ではなく,一文一文を理論的に捉えて英語の持つ精緻な構造を理解していく学習をしていきましょう。夏期講習では比較や関係詞,仮定法に至るまで,その理論的基礎を明らかにする講義を展開します。感情に流されない思考力のある,意欲的な高1生の受講を歓迎します。

●高1数学●
◆整数問題演習
 高1数学クラス受講者必修
「約数・倍数の関係」「剰余系への分類」「整数の合同」といった,基本的な概念を確認し,不定方程式やピタゴラス数に関連する,ややレヴェルの高い問題に挑戦します。また,後半では整式(高2)についても講義・練習します。

◆基本関数とその応用 高1数学クラス受講者必修
高校1年で学ぶ関数は1次関数および2次関数が主なものですが,本講座では,関数の基本概念を確認し,分数関数・無理関数・指数関数等の基本的なものも扱います。後半は,最大・最小問題や方程式・不等式への応用を練習します。

●高1化学●
◆状態変化の平衡熱化学
 高1化学クラス受講者必修
7月までの理論化学の授業の続きです。今回は,熱力学的な考え方を必要とするもののうち,「状態方程式」「混合気体」「実在気体と蒸気圧」「蒸気圧降下」「浸透圧」といった主に状態変化にまつわる内容を学びます。これらは,「化学II」の範囲において,最も難度の高い計算問題が出題され易い項目でもあります。計算問題を制覇するためには,単に計算練習を重ねるだけでは限界があり,計算問題の存在を踏まえた基礎講義が不可欠です。余裕のあるこの時期に,しっかりと理解を深めておきましょう。

Page Top